アーサー王伝説の地へ! 湖の乙女とエクスカリバー Dozmary Pool

イギリス人で知らぬ人はいない、アーサー王伝説。詳しい話を知らなくとも、『円卓の騎士』や『エクスカリバー』という言葉を聞いたことのあるい人は多いのではないでしょうか。

アーサー王伝説のなかで、アーサー王が魔法の剣『エクスカリバー』を手に入れた地と言われているのが、イギリスの南西コーンウォール地方にあるドズマリー・プール(Dozmary Pool)です。

アーサー王がもつ魔法の剣 エクスカリバー

アーサー王が持つエクスカリバーについては、2つの伝説が残っています。

1つめは、石に刺さった剣を引き抜いて手に入れたという伝説です。

この剣は誰にも引き抜くことができず、引き抜くことができるのは『本当の王』のみだと言われていました。そして、それを引き抜いたアーサーが『ブリテンの王』であることを証明し、エクスカリバーを手にしたことになっています。

また、もう一つの伝説は、湖の乙女(Lady of the Lake)から魔法の剣を受け取ったというものです。湖の乙女から受け取った剣が魔法の剣・エクスカリバーで、アーサー王はエクスカリバーを使ってサクソン人たちをなぎ倒して追い払ったとされています。

湖の乙女は、アーサー王伝説のなかでしばしば登場しており、折に触れてアーサーと円卓の騎士たちを助けています。言い伝えによると、このドズマリー・プールが湖の乙女が住んでいた湖で、この地でアーサーがエクスカリバーを授けられたと言われています。

 

悪魔と契約した男が贖罪している湖

ドズマリー・プールには、他にも言い伝えがあります。

1600年代にある男性が悪魔と契約し、お金と権力を手にしたそうです。しかし、その死後、永遠に続く償いとしてこのドズマリー・プールが空になるまで水を汲み続けるという試練を受けていたと言われています。

風の強い夜には、彼の咆哮が聞こえてくるとか、こないとか・・・

でも、調べてみたら、このドズマリー・プールは1869年に干上がったことがあるそうなので、彼の試練はこの時に終わっているかもしれません(笑)

 

 

観光地ではありません

このドズマリー・プールへ行くためには国道(Aロード)を離れてかなりの距離を走りますが、この道は車が1台やっと通れるくらいの幅しかありません。

この道は一方通行ではないので、対向車が来ると大変なことになります。地面が渇いているときなら良いのですが、泥地に草が生えているだけなのので、下手に舗装道路を外れて対向車を避けようとすると、ぬかるみに車のタイヤを取られて抜け出せなくなります。私が訪れた時にも、ぬかるみに嵌って抜け出せなくなっていた車を見かけましたので、対向車が来た時にはお気をつけください。

また観光地ではないようで、駐車場などはありません。道の突き当りにコテージが1軒あるだけですので、帰るときにはUターンして方向転換することになりますから、そのときもぬかるみにご注意ください。

いかにも『知る人ぞ知る』観光地(?)ですので、そういう場所がお好きな方にはお勧めですが・・・ 正直に言いますと、ごく普通の小さな池にしか見えないので同行した彼は「なに、ここ?」みたいな顔をしていました。

国道から離れて細い道を40分くらい走らないと辿り着かなかったので、何も言わずに私を見る彼の目は「そこまでして、来る価値ある?」と訴えかけているような気がしてなりませんでした(苦笑)。

 

Dozmary Pool

 

ドズマリー・プール近辺の宿を探す

ドズマリー・プール近辺の宿を探しているのであれば、おススメの宿があります。その名はザ・ジャマイカ・イン、イギリスで最も有名な『お化けが出るホテル』です!

私は怖がりなのでジャマイカ・インには見向きもしませんでしたが、興味のある人はぜひ宿泊してみてください。

→ ザ・ジャマイカ・イン(The Jamaica inn)