【コーンウォール】 イギリスにも紺碧の海があった! カイナンス・コーブ Kynance Cove

コーンウォールで紺碧の海を見たいなら、半島の南側へ行きましょう。

崖の上から紺碧の海を見たいならリザード・ポイントがお勧めですが、豊かな自然のなかにあるビーチで紺碧の海を見たいなら、カイナンス・コーブがお勧めです。

コーブ(Cove)とは『入り江』という意味で、文字通り崖の間にできた小さな入り江にあるビーチです。

リザード・ポイントから車で10分足らず(直線距離にして約3km)の場所ですので、1日のうちに両方の場所を訪れることもできますよ。

→ リザード・ポイントはこちらのページ

 

ビクトリア女王も訪れた紺碧の海

ビクトリア時代から有名になったビーチリゾートで、ビクトリア女王やアルバート王子も訪れたことがあるそうです。

また、BBC(日本のNHKのようなテレビ局)は、『BBC sevenwonders south-west-cornwall(南西コーンウォールの七つの雄大な景観)』という番組のなかで、ケイナン・コーブのことをこう評していました。

「One of the most beautiful streches of coastline in the South West」(南西海岸のなかで最も美しい場所)

それほど広いビーチではありませんが、その荒々しい岩場と美しく澄んだ紺碧の海のコントラストが見る者の目を楽しませてくれます。

 

マウント・ベイに沿ってのウォーキング・ルート

コーンウォールのマウント・ベイにあるカイナンス・コーブは、岩場に囲まれた小さな砂浜です。

ナショナルトラストの駐車場からケイナンス・コーブへ行く場合は、険しい岩場を降りていかなくてはなりませんので、ビーチサンダルではなく、しっかりした運動靴を履いていきましょう。

岩場はこのような感じで広がっており、それなりに整備されていて足場はありますが、手すりなどはありません。私は足のサイズが22.5cmなので、小さな足場でも足掛かりになりますが、足のサイズが大きい人は足場を見つけるのに苦労していました。

 

でも、私よりももっと足が小さな犬は、ずっと早く岩場を降りていました。

やっぱり四つ足は安定しているので、有利なのかもしれません(笑)

 

 

この岩場のウォーキング・ロードはマウント・ベイ沿いに続いていますので、健脚の方は岩場を海沿いに歩いてみてはいかがでしょうか。

 

1999年、ナショナルトラストの管轄に

下の写真に写っている白い壁の建物は、1929年創業のザ・カイナンス・カフェ(The Kynance Cafe)です。このカフェは1999年にナショナル・トラストの管轄となりました。

実は私がカイナンス・コーブへ行った日は波が荒く、海岸沿いは白波がたっていました。

繰り返し寄せる波はひとつとして同じ形状のものはなく、キラキラと光りながら寄せては返す波が美しく、飽きることなく眺めていました。

 

Kynance Cove(National Trust)

URL https://www.nationaltrust.org.uk/kynance-cove

カイナンス・コーブ 近辺の宿を探す