【ロンドン】 都会のオアシス! バービカン植物園 Barbican Conservatory

ロンドンのシティにあるバービカン・センターは、集合住宅・シアター・映画館・図書館・レストランなど、そこだけで1つの小さな都市が完成しているかのようです。

そんなバービカン・センターには、1500種類もの植物を見ることができる大きな温室(Conservatory)があり、涼しい気候のロンドンにいながらトロピカルな植物を楽しむことができるのです!

 

まるで忘れられた都市のよう! マンションを侵食する植物

バービカン・コンサーバトリーの特徴は、マンションと植物園が一体化しているところです。

こんなふうにテラスで植物が育てられているのは、『ありがち』な風景ですが・・・・

 

バービカン・コンサーバトリーでは、マンションのに巨大な温室が作られているため、まるでジャングルに造られたマンションに迷い込んだかのような気分になるのです。

 

 

小さな池もあり、ここがロンドンのビジネス街、しかもマンション区画の中だとは思えないほどの静寂です。

 

 

池にはカメが甲羅干しをしていたり、錦鯉がゆっくりと泳いでいます。

 

 

数えきれないほどのサボテンがあったり・・・

 

 

鬱蒼と生い茂る濃緑の木々は、まるで南国のようです。

 

 

この温室は私の大好きな場所ですが、基本的に土日しか開いていないのです。

季節によって入場制限もしているため、訪れる前には必ず開いているか確認してくださいね。

 

Barbican Conservatory

URL https://www.barbican.org.uk/whats-on/2020/event/visit-the-conservatory

 

ロンドン市内のホテルを探す